ダポキセチンや早漏克服FR法での治療と包茎手術

早漏克服FR法は薬に頼ることなく早漏を克服するための方法で、基本的には精神的な不安などを取り除くための方法などがレクチャーされていて、早漏克服FR法を参考にすることで自信を持ってセックスをすることができるので、根本的に早漏を克服することができる可能性もありますが、もともと早漏は思春期に起きる一過性のものが多いので、女性経験が増えるだけで改善するとされているので、早漏克服FR法だけでなく、認知行動療法などでも十分に完治することができるので、リラックスをしてセックスができるように心がけることが重要です。早漏は包茎によっても引き起こされるので包茎手術をするだけで改善することがありますが、原因としては亀頭部分が皮に包まれているので刺激に弱くなっているということなので、包茎手術をしなくても皮から亀頭を露出して置くだけで十分に対応することができます。包茎手術は敏感な部分を切除する手術なのでリスクを伴います。また術後は1ヶ月以上セックスができないので、仮性包茎の場合には手術をせずにセックスをする男性がほとんどです。ダポキセチンはうつ病やパニック障害に処方されるSSRIの薬から開発された早漏治療薬で、脳内のセロトニンを増やすことで、興奮や不安を取り除くことができるので、射精までの時間を長くすることができます。ダポキセチンを毎日1錠ずつ服用するとより効果が実感できて射精までの時間も長くなりますが、1錠あたり2000円程度するので、セックスの1時間前に1錠服用するのが一般的です。ダポキセチンは脳内のセロトニンを増やしますが、この効果は有酸素運動や最大心拍数の70%程度の運動でも同様に起きるものなので、薬と相性が悪い場合には積極的に体を動かすことで早漏を改善することもできます。