ダポキセチンの処方にかかる診察費とピストン持続時間

ダポキセチンは医療機関を受診すると手に入れることができる薬ですが、男性専用のクリニックの中には診察費などを無料にして、薬代だけしか費用がかからない場合もあります。しかし医療機関で手に入れることができるダポキセチンなどの薬は基本的には価格が高いので、診察費が安くても個人輸入と比べると費用は高くなります。しかし医療機関で薬を処方される場合には副作用が出た場合に適切な治療を受けることができるので、アフターケアに関する不安がありません。診察費がかかる男性専用のクリニックの場合はレントゲンや血液検査などを行って、専門的な治療で根本的にED治療をする医療機関なので、ダポキセチンの処方を受けるためにどちらかを選択する必要があります。ダポキセチンは早漏防止薬なので、服用するとセックスをした時のピストン運動の時間を長くすることができますが、セックスをする直前に服用する場合はピストン運動が1分から2分程度長くなるのに対して、日常的にダポキセチンを服用している場合には3分以上も長くなって、さらに薬の効果が安定するので、セックスをする時のピストン運動を安定して長くすることができます。ダポキセチンなどのED治療薬は価格が非常に高く設定されていて、1錠あたり2000円程度するのですが、ジェネリック医薬品を個人輸入で手に入れると半額以下の価格しかかかりません。しかし個人輸入で購入すると薬が偽物である可能性もあるので、リスクを考えて注文をしなければなりません。また医療機関でもED治療薬のジェネリック医薬品を手に入れることができますが、日本製なので価格が比較的高く設定されていて、ジェネリック医薬品を購入するメリットが少ないとされています。