ダポキセチンによる性欲のコントロール方法について

ダポキセチンは、男性が服用する早漏防止剤に使用される成分です。その鎮静作用によって性行為の際に性欲を抑え、射精を遅くする働きがあります。ダポキセチンは、セロトニンの取り込みを阻害する働きを持っていることから抗うつ剤として用いられてきました。うつ病などの治療のため服用していた患者からの、射精が遅くなるといった報告が注目されるようになり、性欲をコントロールする早漏防止剤としての開発が始まりました。脳内物質のセロトニンが神経に取り込まれていく過程をダポキセチンが阻害することにより、セロトニン増加シナプスを刺激してセロトニン濃度を高める作用があります。これによりセロトニンによって脳の興奮を一定に抑えることができ、性欲の高まりを緩やかにすることができます。治験における結果としては半数以上で効果を発揮し、射精までの時間が倍以上に伸びた報告があります。服用方法としては、性行為の1時間程度前に内服します。服用は空腹時でも食事後でも作用に差は無いとされています。ダポキセチンは短時間で最高血中濃度に達した後、速やかに排出されていくため安全性が比較的高いと考えられています。副作用としては頭痛や血圧の上昇、疲労感や腹痛などの症状が報告されていますが頻度は髙く無く、いずれも軽く1時間程度で治まります。また1日あたりの使用限度も規定されているため、誤った使用方法により副作用が出た場合は医師に相談する必要があります。注意点としては、中枢神経系に作用する薬剤との併用を避ける必要があるため、常用している薬がある場合には使用方法について医師の指示を仰ぐ必要があります。また男性向けに開発されたものなので女性の服用は禁止されているほか、18歳未満の使用も禁止されています。