ダポキセチンで亀頭の刺激や恐怖感を克服する方法

早漏は亀頭の刺激によって短時間で射精をしてしまう病気で、セックスの経験が多くなることで自然に治癒するので一時的な症状として考えられていますが、成人してから早漏になると精神的なストレスなどが原因なので、ダポキセチンなどの内服薬を服用してセックスに対する恐怖感を克服して亀頭に対する刺激に慣れることが必要です。ダポキセチンはSSRIの薬なので脳内のセロトニン量が増えることで恐怖感や不安などを改善することができますが、薬によってセロトニンを増やすので興奮を感じにくくなるので射精までの時間が非常に長くなることがあります。早漏の人は一般的には1分以内に射精してしまいますが、ダポキセチンを服用すると2分から3分程度になるので、十分にセックスを楽しむことができます。また仮性包茎などの場合には皮によって亀頭が守られているので、刺激に対して非常に弱くなっていることが原因で、完治させるためには手術や器具によって包茎を治療しなければなりません。セックスに対する恐怖感はEDの原因になりますが、女性経験が豊富になると恐怖感を感じにくくなるのでセックス以外のストレスによる勃起不全のほうが多くなります。ストレスによって勃起不全になった場合には、休養をとることで症状を改善することができますが、男性ホルモンの分泌が減少している可能性もあるので、積極的に筋力トレーニングをして男性ホルモンの分泌を促進する必要があります。ストレスは交感神経を興奮させて体の様々な部分に炎症を起こすのですが、適度なストレスの場合は免疫力を高める効果があるとされています。しかしストレスが過剰になると血管などを劣化させることでEDを引き起こすことがあります。