ダポキセチンの副作用について

ダポキセチンは錠剤型の早漏治療薬としてプリリジーという商品名で販売されています。
ヨーロッパの多くの国々で認可されており、射精を遅らせる効果があるとして愛用されています。
そもそも早漏とは、パートナーの女性が性的興奮を得ないうちに男性が射精してしまうことをいい、現代社会においてとくに若年男子に多くなっています。
その原因には過去の性交渉のトラウマや女性との関わり方が十分でなかったり、仕事のストレス過多といった心因性のものが多くを占めます。
自分に自信が持てなくなることでさらに早漏が進行し悪循環に陥ってしまうのです。そこで登場したのがダポキセチンです。
このお薬はもともと抗うつ薬として使用されていたものですが、その作用に射精までの時間が遅くなる効果があることがわかりました。
具体的にはダポキセチンは脳内物質であるセロトニンの分泌を促すことで脳の興奮状態を鎮静する作用を発揮します。
射精時はノルアドレナリンが増加することによって起こるため、セロトニンによりこれを抑制するのです。
そうすることで射精時の性的興奮を抑制でき、脳をリラックスさせることで射精時間を延長させるというものです。
また早漏以外にも勃起不全治療薬としてシルデナフィルという成分を含んでいるため、血管拡張作用により陰茎海綿体に血液を充満しやすくなることから勃起時間の延長といった効果もあります。
ダポキセチンは性交渉の1~3時間前に服用することが望ましいとされています。
服用による副作用については重篤なものは報告されておらず安全性の高い薬とされていますが、頻度が軽いものに吐き気や頭痛、めまい、不眠といった症状がありますがどれも服用者の10%未満にとどまっているようです。

ダポキセチンを含むお薬と安全性

ダポキセチンを含む薬は日本でも処方されているのですが、SSRIの薬なので安全性に関してはかなり高いとされていて、飲み過ぎたとしても重篤な副作用がでる恐れがないので、世界中で処方されています。
ダポキセチンはSSRIの薬の射精障害の副作用を利用している薬なので、基本的には脳内のセロトニン量を増やして緊張感や不安感を減らして、リラックスをしてセックスをすることで早漏を改善していきます。
ダポキセチンはこの他にも射精までの時間を長くする効果があるのですが、セックスの時だけ服用すると1分から2分程度長くなりますが、24週間以上服用を継続していると効果が安定するので3分以上射精の時間が長くなるとされています。
ダポキセチンを含む薬は日本で製造されたジェネリック医薬品なども処方されていますが、価格が比較的高いので、多くの人が個人輸入を利用してインド製のジェネリック医薬品を購入しています。
しかし個人輸入をする場合には偽物に対する注意が必要で、薬の場合は有効成分が含まれていなくても気がつくのが難しいので、信頼できる業者に注文をして薬を手に入れることが重要なので、口コミなどを参考にして信頼できる業者を見つけて自分の責任で購入する必要があります。
SSRIの薬は副作用はほとんどありませんが、脳に作用する薬なので気分が落ち込んだり、焦燥感を感じるなどの副作用があるとされています。
これらの副作用が出た場合には医療機関で処方された場合には他の薬に変えることができますが、個人輸入の場合は責任は個人にあるので、アフターケアなどを受けられない場合があります。
副作用に関しても責任は購入者にあるので十分に検討をしてから注文をしなければなりません。

ダポキセチンの正しい服用方法について

ダポキセチンは飲んで早漏が治療できる薬として知られています。
もともとセロトニン取り込み阻害薬と呼ばれる抗うつ剤と同じ成分を持ち、脳内の過剰な興奮を抑える作用があります。
早漏は興奮しすぎて射精が早くなってしまう症状ですから、これを抑制することで射精までの時間を延長できると考えられています。
臨床試験の結果でも、多くの人で射精までの時間が3~4倍に延びたと報告されています。
ダポキセチンは錠剤の形で提供されています。またジェネリック医薬品の中には、ダポキセチンとED治療薬をひとつの錠剤にまとめた製品もあります。
使用方法は、性交の1~3時間前に内服するだけです。錠剤にはダポキセチン30mgが含まれたものや、60mgが含まれたものがあります。
初めての方は30mgの錠剤で様子を見たほうが良いかもしれません。追加で服用するなら、24時間以内に合計60mgまでなら可能です。
ダポキセチンは人体に吸収されやすく、排出も早いのが特徴です。空腹時でも満腹時でも、基本的に効果は変わりません。
血中濃度は服用から約1時間で最高に達し、その後約1.2時間で半減するとされています。ですから、あまり長時間の効果は期待できません。
ED治療薬には効き目が遅いものもあるので、これと一緒になったタイプの錠剤を服用するときは注意が必要です。
ダポキセチンは18歳から64歳までの男性に適した薬です。女性は服用できません。また高齢者は服用前に医師の診断を受けてください。
血圧を下げる作用があるので、低血圧や血栓症の方は要注意です。またアルコールを併用すると副作用の危険が高くなります。
その他、不整脈や肝臓病の方の使用も禁忌となります。
■ダポキセチンが成分の薬を使ってみましょう
価格重視で早漏防止薬を選ぶならポゼット!
タダポックス